デビットカードとクレジットカードの違いは?

クレジットカードと似たもので

デビットカードというものがあります。

違いはご存じですか?

 

見た目もクレジットカードと非常に似ていますが

仕組みが違います。

 

クレジットカードで支払えるお店では

デビットカードを利用することができます。

 

異なる点は

クレジットカードの場合は、一定の期間で使用した分を

決められた日に支払うという仕組みですが

デビットカードは使った瞬間に即時口座からお金が引き落とされます。

 

すぐに引き落としがされるか

あとから引き落としがされるかという点が一番大きな違いですね。

 

デビットカードは転売で必要?

口座からすぐにお金が支払われますので、手元から

お金がすぐになくなるという意味では

現金と似ています。

 

ではデビットカードをカードを利用するタイミングは

いつなのかというと、

現金での支払いができないお店などです。

インターネット上のオンラインショップでは

現金での支払いが基本的にできないお店もあります

Amazonやメルカリなどもその1つですね。

 

どうしてもクレジットカードが使えないという場合に

デビットカードを使います。

 

デビットカードは銀行に預けているお金=使える金額となります。

そのため転売ではあまり使用するメリットはないといえます。

 

使い方

使い方はクレジットカードと同様です。

デビットカードにも

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティ番号

がありますので使い方はまったくクレジットカードと同じです。

 

デビットカードはクレジットカードが作れない

ブラックリストに登録されてしまっている方でも作れます。

カード会社が与信枠を与えるわけではないので

審査が必要ではないからです。

 

年齢制限もない!

クレジットカードが持てるのは基本的に20歳になってからです。

そのため高校生のかたでカード決済しかできない

お店では買い物ができません。

 

デビットカードであれば15歳から持つことができるので

カード決済限定のショップでも買い物をすることができます。

 

普段の買い物では便利

転売ではあまり使う機会はないと思いますが

デビットカードなら銀行口座に預けている分の金額しか

使えないため普段の買い物で使いすぎてしまう

ということがありません。

また銀行の預金明細を見れば

いついくら使っているかも一目瞭然ですので管理もしやすいです。

プライベート用として1枚くらいは持っていてもいいかもしれませんね!

 

まとめ

  • デビットカードは即引き落としがされる
  • クレジットカードが持てない場合は便利
  • 管理がしやすいので使いすぎの心配はない
mail
サブコンテンツ

このページの先頭へ