ブラックカードって存在するの?

ブラックカードの存在

ブラックカードは実際に存在します!

ゴールドカード、プラチナカードについで、最も最上級のステータスを持つカードです。

 

ステータスとは「社会的地位や身分・またはそれを表すもの」

という意味です。 要するにブラックカードを持っている方は

ものすごくお金持ちということですね!

 

なかなかブラックカードを目にする機会はないとは思いますが

カードの色が黒色なのでブラックカードと呼ばれています。

 

いくつかの種類がありますがやはり有名なのは

アメリカンエキスプレスのブラックカード

ダイナースクラブのブラックカードです。

 

年会費が高い

2002年に日本でアメリカンエキスプレスがブラックカード

発行したのが一番初めだと言われています。

 

アメックスのブラックカードは年会費が36万7500円となっており

大変高額です。

 

しかし富裕層の方からすれば多くのサービスが優遇されるため

金額相応と感じるのかもしれません。

 

一方ダイナースクラブのほうは年会費が13万円となっており

約3倍もの違いがあります。

 

昔はアメックスのセンチュリオンカード(ブラックカード)の年会費は

16万8千円だったそうですが、一気に値上げがされたそうです。

この値段だけでもステータス性が高まっていますね。

 

素材は?

カードの素材はどうなっているのでしょうか。

アメックスのブラックカードの所有者は、通常のプラスチック製チタン製の2種類から選べます。

ダイナースクラブは、通常のプラスチック製になります。

 

チタンとはちなみに金属の素材の1つで、

とても軽くて丈夫な特徴を持っています。

 

チタン製のカードは1枚1枚機械で削りだし加工が施されています。

素材にもこだわりがあるんですね!

年会費が高いのもなんとなく理解できます。

 

カードの申し込みサイトがない!

ブラックカードにはカードの発行の申し込みサイトはありません!笑

 

カード会社から招待(インビテーション)をされることにより作ることが

できるようです。

選ばれた方だけが持つことができるのです。

 

このインビテーションを受けるにも一定の基準が必要のようです。

 

ゴールド会員、またはプラチナカード会員であること。

年収が1千万円以上あること。

カードを年収の3割以上利用していること。

 

などなど、詳しいことは謎ですが

このような情報が一般的に語られています。

 

カード会社からのインビテーションがなければ

持つことができないカード。

それがこのブラックカードの価値をさらに高めているようです。

 

希少性のあるものは人は欲しいと思う、

価値が高くなる、というのはカードの業界でも同じですね。

 

まとめ

  • ブラックカードはいろんな会社が発行している
  • チタン製のカードも存在する
  • 希少性が高ものは需要が高まる傾向にある

 

関連記事はこちら!

ブラックリストに注意!

審査が通らない3つの理由

転売で「使えない」カードがある?

 

mail
サブコンテンツ

このページの先頭へ