締め日から支払日までが長いカードがお得!

クレジットカードを何枚か持っているかたは

ご存知かもしれませんが、

クレジットカードを発行している会社によって

締め日と支払日は違います。

 

基本的には以下の2通りの会社がほとんどです。

 

  • 末日締めの27日払い
  • 15日締めの翌々月10日払い

 

これらは締め日の翌日からカードを使用すれば

最大で約56日後の支払いとなります。

 

この締め日から支払日までの期間が

長いほど資金繰り的には有利といえます。

 

借金と似ている?

クレジットカードはいま

使用してもあとから払うことができます。

 

例えば先に1万円の商品を買い、決められた支払日に

購入金額の1万円を返す、という仕組みですね。

 

借金と似ている部分がありますが少し違います。

 

借合の場合は

先に何かを買うための「現金1万円」を借りるとします。

そして決められた日に借りた金額1万円と

借りた日から起算される「利息」をあわせて返します。

つまり1万円以上の金額をかえさなければならないということです。

 

しかしクレジットカードの場合は

この利息がかかりません

利息無しでお金をかりているということに

近いんです。

 

これってすごいことですよね!

 

借金だとしたら借りた日から

支払日が長ければ長いほど、多くの利息がかかるのですが

クレジットカードはかかりません。

 

ということはクレジットカードの場合、

締め日から支払日までの期間が

長いカードのほうがお得ということです。

 

関連の記事

リボ変更期限を越えたらアウト

知識をつければお金がしっかり増える

資金ぐりが楽になるオススメカード

 

mail
サブコンテンツ

このページの先頭へ